注文住宅の購入は賢く低予算で決まり【こだわっているのに安い秘訣】

家

家族の命を守るために

一戸建て

耐震性を判断できますか

愛知県で注文住宅を建てる際には、何よりも耐震性に注意を払う必要があります。マグニチュード8クラスの大地震の発生の可能性が指摘されており、家族の命を守るためには耐震性に優れた住宅に住むことが重要です。しかし、建築に関する知識がない方にとって、注文住宅の耐震性の判断は難しい面があります。いくら構造の説明を受けても、詳細まで把握し理解することは困難です。また、構造計算書を読解するためには専門的な知識が必要となるため、さらに理解することが難しくなります。そこで利用したいのが、住宅性能表示制度です。特に大地震の発生が指摘されている愛知県で注文住宅を建てる際には、必ず利用することをおすすめします。住宅性能表示制度とは、誰でも簡単に住宅の耐震性を判断できる指標です。

2等級の耐震性は欲しい

住宅性能表示制度では、一定のルールに従い分かりやすく住宅の耐震性を評価しています。国に登録された評価機関が評価を行い、耐震性を3等級に分けています。そのため、建築に詳しくない方でも簡単に住宅の耐震性を判断することができるため、安心して注文住宅を購入することができます。住宅性能表示制度に基づく耐震性能の1等級は、震度5に耐えうることを示しています。また、震度6強〜7の地震でも、人命は損なわれません。2等級は、1等級の1.25倍の耐震性を持っていることを示しています。これは学校や避難所と同じ耐震性を持っていることを示しており、愛知県で注文住宅を購入する場合には最低でも2等級であることが望ましいところです。3等級は、1等級の1.5倍の耐震性を持っています。病院や消防署と同じ耐震性を持っており、非常に耐震性が優れています。その分建築費用はかかってしまいますが、万全を期したい方は3等級の注文住宅を購入しましょう。愛知県の注文住宅は、何より耐震性が重要です。誰でも簡単に判断できる住宅性能表示制度を利用し、安心できる住まいを手に入れたいものです。